Revive AdserverでCRONで定期メンテナンスがうまく実行出来ない場合(副業でサイト運営をする人向け)

Revive Adserverは CRONで定期的にメンテナンスプログラムを実行するように設定する必要があります。

Revive Adserverの初期設定(副業でサイト運営をする人向け)

今回はこのメンテナンススクリプトがうまく動作しなかった場合の対処方法について解説します。

1.確認すべき内容

1-1 PHPのパス

エックサーバー – コマンドパス

のコマンドパス一覧にある使用するPHPのバージョンのコマンドを先頭に入れる必要があります。PHP7.2を使っている場合は

/usr/bin/php7.2 /home/サーバーID/ドメイン名/public_html/adserver/maintenance/maintenance.php

のようになります。
/usr/bin/php
だけでは動作しません。

1-2 maintenance.phpのパーミッション

エックスサーバーの場合はCRONで呼び出すmaintenance.phpのパーミッションを「755」にしておく必要があります。

2.それでも動作しなかったら

Revive AdserverのメンテナンススクリプトをCRONで動作させるには指定したURLをダウンロードする「wget」コマンドでも可能です。

wget [オプション] URL

のコマンドを実行することによってURLをダウンロードすることが出来ます。ただし、

wget https://ドメイン名/adserver/maintenance/maintenance.php

のようにオプションを付けずに実行するとmaintenance.phpを単純にダウンロードしてしまいます。

wget -O - https://ドメイン名/adserver/maintenance/maintenance.php

のオプションを付けて実行することでダウンロードはせずにmaintenance.phpを実行することが出来ます。

をサーバーパネル → Cron設定

から追加します。正常に実行されていれば

Administratorアカウント → Configurationのタブ → メンテナンス

で正常に実行されている旨が表示されます。

アフィリエイトサービスプロバイダでシステムエンジニア、制作ディレクターとして働く傍ら、PHPの勉強がてら副業として0からメル友募集掲示板「@メル友」を開設、副業ではとても運営できない規模になった為に独立、国内最大のメル友募集掲示板に育て上げ、最大で月間500万円を売り上げ、2018年末に数千万円規模で売却。
副業ナビでは10年間で溜めたサイト運営や副業の稼ぎ方のノウハウを隠すことなく全て公開しています。

コメントを残す