在宅チャットレディ(ノンアダルト)

副業ナビのライターが実際にやってみた副業の体験談を公開しています。

1.副業の内容

チャットレディの仕事は、お客さんと画面越しに通話するのがメインのお仕事です。

求人によっては企業のオフィスに出向いて行う方法もありますし、在宅の方法もあります。

私がチャトレをやった時は在宅での仕事が流行っているようでした。

必要機材は動画がヌルヌル動く程度のスペックのPCがあればOKです。

低スペックのPCだと画像が乱れたり遅延したりして、今自分がどんな表情をしているのかわからないので仕事になりません。

仕事時はWebカメラが必須になるのですが、サイトに登録する際にWebカメラを所有しているのか聞かれます。

持っていない場合は申請すれば貸し出してくれますので、仕事を始めるにあたって特別な出費はいりません。

チャトレはまずはノンアダルトで始めるのが敷居が低くオススメです。

ノンアダルトは規約上では脱ぎがないものを指し、比較的健全に利用できますがやや収入が少ないデメリットがあります。

とはいえ普通にバイトをするよりは明らかに時給(チャトレの場合は分給ですが)はいいので気にすることもないですけどね。

チャットでは普通の世間話をすることが多かったです。

お客さんは体感ですと小金持ちの30代後半~40代くらいがボリュームゾーンって感じです。

チャトレ側は強制的にビデオチャットを垂れ流すことになりますが、お客さんの側はテキストのみかビデオチャットをするかが選べます。

仕事の流れとしてはサイトにインした後自分のチャットルームというものがあるので、まずそこに入室します。

それを見たお客さんがルームに入ってくるかどうか決め、お客さんが入室し会話がスタートしてから仕事が始まります。

その後はできるだけ飽きさせないように会話とかリアクションをして、お客さんに少しでも長くルームにいさせようとする努力が必要になってきますね。

2.副業にかかる時間

仕事の時間は長い時ですと4時間ほどでした。

まとまって話し続けるというよりは、4人と1時間ずつ話すような感じだったり10分くらいのお客さんもいれば、3時間くらい話してくれる人もいたりとバラバラです。

3.実際にいくら稼げるか

あまりガチではやってなかったんですが(1ヶ月に10日未満)、平均すると35000円くらい稼いでいました。

調子がいい時や美味しいお客さんを捕まえられた時などは1日で12000円ほど稼げた時もありました。

4.この副業をやって成功?失敗?

当たった時の稼ぎは楽で美味しいのですが、結論を言うと失敗でした。

通勤しないので交通費がかからないとか煩わしい職場関係がないとか暇な時にいつでも自由に仕事できるというメリットはあったのですが、人気が出ないと毎月安定して稼ぐのがとても難しいからです。

職場の人間関係はないものの人を相手にするビジネスですので、異性向きの対人スキルめちゃくちゃ要求されます。

ただポジティブに考えてちょっとした裏の社会勉強と割り切れば、同時にお金も入るし話のネタにもなるのでいいかもしれません。

5.この副業のメリット、デメリット

メリットはまず、自宅で勤務するので通勤する手間がないこと、交通費がかからないことが挙げられます。

また、急に暇な時間ができてもサイトにインしてお客さんがつくだけで仕事ができるのも魅力です。

ある程度のスペックのPCがあれば他に買い揃える道具もないですし、サポートも充実していて疑問点があればセンターに連絡するとわかりやすく教えてくれたりもします。

デメリットはなんといっても固定客を作ったり媚びを売らないと金策できるレベルにならないこと、ノンアダルトにも関わらず一部の利用者のマナーが著しく悪いことなどが挙げられます。

6.まとめ

チャトレは自宅で自由気ままに仕事をしたい人、異性を相手に商売をしたい人、人と話すのが好きな人にとってはかなりいい副業です。

始める際も全てオンラインで手続きが完結するので、履歴書持って面接して……っていう面倒くささがないのも魅力です。

Webカメラを持ってなかったとしても言えば貸してくれますしね(退会時には勿論返却させられます)。

反面、対人スキルに不安がある人や安定して働きたい人、男性にと話すのが苦手な人には絶対といっていいくらい向かないのでやらない方が無難です。

新人期間のうちは売れてなくても注目されて結構な収入を得ることができますが、新人期間が終わると途端にお客さんが入らなくなるのはチャトレあるあるです。

取り敢えず登録してから2,3ヶ月のうちは新人期間なのでこの間に頑張ってみっちり稼いで、新人期間終わっても固定客やファンがついてくれるなら続けるといいですしそうしたお客さんを獲得できなければ辞めるのも手です。

稼ぎやすくするコツは、ルームに入ってからの暇すぎる退屈時間でも笑顔を絶やさない、相手の話に相槌を打ったり持ち上げたりする、部屋の内装を可愛くする、男性ウケするメイクや衣装、髪型などにいつも整えておくなどです。

在宅の仕事だとダラダラ自然体でできるという印象があるかもしれませんが、パッと見が良くないとそれだけでルームに入ってくる男性がいなくなるので取り敢えず見た目だけは絶対に気をつけておいた方がいいです。

合う合わないが人によって物凄く分かれる仕事ですのでオススメはできませんが、男性と話すのが大好きとか対人スキルに自信がある人なんかは十分に副業候補に入ると思います。

始めるだけなら気軽なので、時間と勇気がある人はやってみるのも悪くないかもしれません。

エリ(20代 女性)

コメントを残す