ハンドメイドをアプリなどで販売する仕事

副業ナビのライターが実際にやってみた副業の体験談を公開しています。

1.副業の内容

私がやっている副業はハンドメイドをインターネットで販売するという副業です。もともと裁縫が得意だったので、それを仕事にしたいと思いました。巾着袋やバックなどを作って、フリマアプリなどで販売しています。

副業の内容は、定期的に小学校で必要なかばんや体操服を入れる袋、巾着ぶくろ、他にもティッシュケース、ウォールラックなど様々な小物類を作っています。だいたい1週間に1つの作品が出来るのでそれを、ネットで販売する仕事です。今はフリマアプリなどがあるので、ネットで販売するのはとても簡単でインターネットに詳しくない人でも簡単に利用することが出来ます。自分の作品を必要な人に使って欲しいという人にはぴったりな副業ではないかと思います。私はもともと、服を作る仕事をしたかったのですが、難しかったので、一般事務を仕事にすることにしました。ですが、ハンドメイドをするのをあきらめられず、自分で作った作品をネットで売ることにしました。最初はまったく売れなくて困っていたのですが、長く続けているとリピーターが増えて、徐々に買ってくれるお客さまが増えていきました。そして、「とても気に入っている」と言われるととてもやりがいを感じます。

このように、私がやっている副業はハンドメイド作品をネットで販売するという仕事です。仕事をしながらでも出来る副業なので、副業をして良かったなと思います。仕事をしながら、本来やりたかった夢が叶いました。

2.副業にかかる時間

1日に平日は1時間くらいで、土日は4、5時間くらいします。平日はやはり、仕事をしているので、思ったより時間が取れません。

3.実際にいくら稼げるか

最初はほぼゼロだったのですが、半年に地道にやっていたら、1ヶ月で3万円くらいの稼ぎになりました。多いときで月に5万円くらいです。

4.この副業をやって成功?失敗?

私はもともとハンドメイドが趣味なので、成功だと思っています。ものすごく儲かるというわけではないですが、それでも買ってくれる人はいますし、リピーターになってくれる人もいます。自分が好きなことをお金に出来るという時点で成功だと思っています。事務職は本来やりたい仕事ではないので、自分の好きなことを仕事に出来て多少なりともお金が入ってくるのでこんなうれしいことはありません。出来れば本業にしたいと思っているくらい成功だと思っています。

5.この副業のメリット、デメリット

やはり、軌道に乗るまでがとても大変なことですね。ハンドメイドを仕事にしている人は私だけではありません。つまり、ライバルがたくさんいるので、簡単には売れません。今ではネットなどで簡単に買えてしまう時代なので、ものすごく需要があるわけではないのです。ですので、ハンドメイドをしても本当に売り上げがあるか分からないですし、毎月、決まった金額でもありません。安定した収入が確実に欲しいという人にはデメリットが多いかもしれないです。

6.まとめ

この副業はハンドメイドが本当に好きな人がする仕事です。私の場合はもともと稼ぎたくてやりたいと思ったわけではありません。ただ、裁縫が好きで、私が作ったものが誰かの役に立てばと思って始めたものでした。

もちろん、副業で始めたので、少しは収入の足しになればと思ってはいますが、ものすごく稼ぐことを一番に考えていたわけではなく、自己満足のようなものでした。買ってくれる人はどんなハンドメイドが欲しいと思っているのか、どんな需要があるかなどを考えて作っていました。そうしているうちに、少しずつ買ってくれる人が増えたという感じですね。やり始めて半年はほぼ売り上げゼロで作っても誰も買ってくれず、作品が家にずっと保存してある常態でした。

売り上げはないけど、新しいものを作っていたので、私の家の倉庫にはかなりの作品が保存してありました。家族にも「売れなかったらどうするの?」と聞かれていたくらいです。ですが、「もし、売れ残ったら近所のフリーマーケットに出品する」と言っていたくらいです。地道に少しずつ作品を作っていくうちに、徐々に売れるようになってきて、さらに、リピーターまで出来ました。さらに、お客さんには「○○を作って」とオーダーされるようにもなりました。

もちろん、今でもものすごい売り上げがあるわけではなく、生活のほんの少しの足しになるくらいですが、もともと稼ぎたかったわけではないので、少しだけでも売れるだけで幸せです。

副業ナビライター(30代 女性)

コメントを残す