ブログ運営による広告収入

副業ナビのライターが実際にやってみた副業の体験談を公開しています。

1.副業の内容

ワードプレスを使って、語学学習に関する特化ブログを運営し、グーグルアドセンスやアフィリエイト広告を貼り付けて収入を得ることを目指しています。

私の場合は英語学習の方法に関わるブログ記事を書き、記事内で学習に必要な教材やツールの広告を貼りました。記事を読んでくれた人がその商品の広告を購入してくれることによって、その一部が収入として得られる、といういわゆるアフィリエイト収入をやっています。

他にもグーグルアドセンスという、クリックしてもらえれば収入が発生する広告を貼り付けて収益化を目指しています。

どちらも広告をクリックしてもらうことが目的ではありますが、そのためには読んでもらえるブログを作らないといけないため、記事の内容やボリュームにもこだわる必要があります。

一つにブログの記事に短くても2000文字程度、それも皆が興味を持てる、役に立てる記事を提供することが自分のブログの発展になります。ただ闇雲に記事を量産するのではなく、どんな内容であれば興味を持ってもらえるのか、どういう切り口で書くとよいのか、世間のトレンドがどんなことがあるのかを分析しながら取り組む必要があります。

一つの記事にいくつかの広告を載せられるため、記事を書けば書くほど収入を発生させるチャンスが増やせること、また、記事が存在する限り、広告収入が発生するチャンスは続くため、アルバイトのように一度その仕事をしたら終わりではなく、稼げるチャンスが広がっていくのが魅力です。

2.副業にかかる時間

一つの記事を書くのに、早くても一日2時間くらいはかかっています。少し長めの記事をかくと2日、3日くらいは費やしてしまいます。

3.実際にいくら稼げるか

半年間作業を続けていますが、これまでのところ3000円程度の収入となっています。1ヶ月で500円程度というところです。

4.この副業をやって成功?失敗?

ブログは成功するまでに時間がかかるため、現時点で失敗か成功を判断するのは早いのですが、残念ながらまだ成功しているとは言えません。時給で換算すると残念ながら100円にもならないと思います。ただ現時点ではまだまだ直すべきところはたくさんありますし、やるべきことはたくさんあり、今後ブログがうまく成長を続けていけば、記事を書いていなくても収入が発生するのではないかと考えています。成功すれば月に10万程度も可能ではありますので、これからに掛けたいと思います。

5.この副業のメリット、デメリット

メリットは記事を書けば書くほどそれが蓄積されて、それだけで財産になることです。一つの記事をアップすれば、それは自分が消さない限りは残るため、そこに広告を貼っておけば、自然と収入が発生する可能性を作ることができます。

デメリットは収入が発生するまでに非常に時間がかかることです。時給換算をすると現在100円程度と書きましたが、ブログがみんなに見てもらえるレベルに発展するまでには100記事以上書かないといけないので、非常に時間がかかります。

6.まとめ

ブログによる広告収入を副業にしようと考えるに当たって大切なのは長期的な目線を持つことです。ブログは短期間で結果を出そうとするとうまくいきません。広告収入を副業にするメリットは、いわゆる不労所得、つまり何もしなくても収入を生んでくれる手段が作れることです。不労所得は通常、多額の資金を投資しないと獲得できないので、それが気軽に始められるのは大きな魅力です。ただその代わり、収益化ができるレベルになるまでに、作業量がとにかく必要で時間がかかります。初期はどれだけ頑張っても全く収入が得られない無給状態が続くので、時給換算で物事を考えてしまう方にはコスパは悪く、向いていません。普通にアルバイトを副業にした方が気軽にお金を稼ぐことができると思います。

ただブログは自分だけですぐにでも始められるし、資格もスキルも特別なものは何もいりません。自分で始めるビジネスとしては初期費用は2万程度と非常にリスクが少なくチャレンジができます。もし失敗しても、失うものが少なく、痛くないです。時間は確かに必要ですし、お金が稼げないという可能性はありますが、その分文章を書く力や、サイトを運営するスキルを身に付けることができます。ただのアルバイトなどと違って頑張ることでスキルも確実に身につきます。会社員ですでに安定した収入はあるような方、現時点では特にスキルや大きなお金はないけれども、自分で小さなビジネスを持ちたいという方には非常にオススメの副業です。

副業ナビライター(30代 男性)

コメントを残す