クラウドソーシングを通じて記事作成

副業ナビのライターが実際にやってみた副業の体験談を公開しています。

1.副業の内容

記事作成の仕事に取り組んでいます。

具体的には、ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングに登録し、そこで掲載されているタスク案件を中心に作業しています。

タスク案件の場合はクライアントとの個別交渉がなくそのまま取り組めるため、本業の合間に行うのに適しているからです。

クラウドソーシングのサイトを通じて個別に仕事案内をいただくこともありますが、その場合はすでに多くの知識を持っている分野であればお引き受けすることがあります。

作成記事の内容については幅広いジャンルを行っていますが、特に自分自身の経験や興味あることを生かせるものを中心に書いています。

案件は、クラウドソーシングのサイト上で新着情報や単価の高いものから並べることができる検索機能があるため、それらを活用しながら自分に合ったものを探しています。

それぞれの案件で作成に関する注意事項があるためしっかり確認し、指示された募集内容に沿って執筆します。

ここを見落とすと、依頼意図に合わない記事を書いてしまい記事が承認されないケースがあります。

多くの案件で、ネット検索を利用して情報を収集してから執筆を開始します。

特によく知らない分野については、数多くのサイトから様々な情報を収集して取捨選択しています。

執筆後は、クラウドソーシングのサイト内にあるフォームを通じて記事投稿すれば完了です。

記事がクライアントに承認されれば報酬を得ることができますが、実際に振り込まれる額はクラウドソーシングの利用手数料や振込手数料が引かれてその残った額になります。

2.副業にかかる時間

その日によって違いがありますが、少ない時で1日に1時間~2時間程度、多い時で5時間程度取り組むこともあります。

平均すれば1日に3時間程度です。

3.実際にいくら稼げるか

平均的には1日に1000円~2000円程度です。

日によっては1000円に満たない時もあれば、2000円以上になる時もあります。

1ヶ月に換算すれば、その月によって違いがありますが、平均すれば3万円程度です。

4.この副業をやって成功?失敗?

記事執筆は、考えている以上に労力や時間がかかりますが、自分としては成功だと思います。

単価の低い案件ばかりに取り組んでいると収入は伸びませんが、案件の中には高単価のものもあるため、組み合わせていけば一定程度の収入にするのは可能です。

また、自分がよく知っている分野であれば記事作成もスムーズにできるため、そういった案件ばかりではないものの、上手く利用すれば時間短縮も可能です。

もう少し記事執筆で収入が多くなればいいと思うのですが、あくまで副業ですし、自分としてはある程度の満足感はあります。

5.この副業のメリット、デメリット

記事執筆のメリットとしては、クラウドソーシングに登録すれば簡単に仕事が受注できる部分です。

タスク案件であれば、クライアントとやり取りをする必要もないため、すぐに作業を開始することができます。

また、自分の都合のいい時間に取り組むことが可能な点もメリットです。

デメリットとしては、文字数の多い案件は単価も高いですが、執筆には労力がかかる点です。

ネット検索をしながら内容に関しての情報を収集する必要もあるため、思った以上に時間がかかります。

6.まとめ

記事執筆の仕事に資格は必要ありませんが、ある程度の長い文章をまとめるためには技術が必要です。

文章作成技術をしっかり身につけないと時間がかかってしまい、本業の時間を削ってしまうような本末転倒になることもあります。

また、情報収集テクニックも時間短縮には必要ですが、これは慣れてくれば的確なサイトを見つけることも早くなるため、数をこなしていくことでスピーディーになります。

しかし、全く知識のない分野であれば記事執筆には多くの時間がかかるため、自分の中で得意分野を作っていくことが大切です。

1日にある程度まとまった時間が取れる人は、記事執筆の作業に向いている人と言えます。

短い時間でも可能ですが、その場合は文章量が少ない単価の低い案件が多くなるため、収入面であまり伸びないことが多いです。

何か特技や資格のある人は、そういった人が取り組める案件をこなせば収入をさらにアップさせることも可能です。

クラウドソーシングは複数のサイトに登録しておくと、効率的に仕事を獲得していくことができて有効です。

一つのサイトで適切な案件が見つからなくても、別のサイトで見つけることができる場合もあります。

同じような案件であっても、より単価の高い案件を探すことも可能です。

また、記事執筆に際して様々な分野を調べることで自分の知識量が増えていくため、そういった面もメリットがあります。

もちろん知識量が増えていけば執筆可能な案件も増えていき、時間的にも早く書くことができます。

知識量を増やす意味からも、継続して取り組んでいくことは大切です。

副業ナビライター(50代 男性)

コメントを残す