Photoshopを使用した画像の加工

副業ナビのライターが実際にやってみた副業の体験談を公開しています。

1.副業の内容

Photoshopを使用して、画像の加工をするという仕事です。加工する対象は、大きく分けて2種類あります。1つめは、店舗や商品を撮影した写真です。

これは、主に店舗を紹介するブログサイトやネットの通販サイトなどで使用されます。店舗の外観や店内の雰囲気を伝えるために、公式のブログサイトで写真を掲載することはよくあります。しかし、そこに通行人や来店者が写り込むことがあります。このような人々の姿は、個人情報を保護するためにも消さなくてはなりません。

ネットの通販サイトでは、実物が購入者の目の前にないだけに写真が重要な存在となります。写真の良し悪しで、購入者の数に大きな影響を与えます。しかし、必ずしも良い写真が撮影できるとは限りません。商品の写真に不備を見つけても、納期の問題で新たな撮影日を設けることができない場合はよくあります。

2つめは、人物を撮影した写真です。入学式や結婚式など、人生の節目となる時期に写真を撮影する人は多くいます。しかし、そのときに撮影されたくないと思うような箇所が出てくることがあります。

特に多い例では、一時的な怪我や日焼け跡が挙げられます。子供の場合には、歯が抜け変わることで笑うと歯の隙間が目立つことがあります。このような箇所を、Photoshopを使用して修整してほしいと依頼してくる人たちがいるのです。

そのため、Photoshopを使用した画像の加工は需要のある仕事だということができます。

2.副業にかかる時間

加工する画像と技術によりますが、写真1枚につき平均3時間くらいかかります。

商品の背景を変えたり、文字を書き加える程度であれば写真1枚で5分から10分ほどで仕上げることができます。人物の身体に見られるシミや日焼けの消去には、1枚3時間くらい必要とすることもあります。

写真のほとんどの部分を占める人物を削除したときには、1枚だけに7時間ほどを費やしたことがあります。

簡単な画像だけの加工であれば、1日8時間労働で、だいたい40枚くらいは作業できると思います。

3.実際にいくら稼げるか

加工する画像の内容により、稼ぐことのできる金額は大きく変わります。簡単な加工の場合には、1件100円から500円くらいが多いです。

難しい加工の場合には、1件に対して5,000円を請求したこともあります。仕事がないときもあるため、1日に稼ぐことのできる金額を一概にいうことはできません。仕事があれば、1ヶ月に10,000円を稼いだときもあります。

反対に、1ヶ月で1,000円にも満たない場合も当然あります。仕事を見つけることができなければ、1円も稼ぐことはできません。

4.この副業をやって成功?失敗?

私の場合は、この副業は成功だと思います。

世の中には、Photoshopや画像の加工というだけで難しいことだと考える人たちがいます。そのため、この技術に高い金額を提示してくださることがよくあります。

PCを使用する仕事のため、基本的には外出しなくて済みます。仕事の件数をこなしていくうちに、Photoshopの技術も次第にですが上達していきました。画像の加工は、さまざまな仕事で求められています。そのため、副業で修得した技術を本業で活かすこともできます。

5.この副業のメリット、デメリット

この副業のメリットは、基本的に外出しなくて良いということです。

契約の内容によりますが、依頼主と実際に会うことはほとんどありません。私は、クラウドソーシングから仕事をすることが多いです。この場合は、Web上で仕事の話をすることになります。本業で夜間にしか副業のできない人だけではなく、対面での会話が苦手な人にもお薦めすることができます。PCを使用するため、どのような場所でも仕事をすることができることも魅力のひとつといえます。

この副業のデメリットは、Photoshopを使用できる必要があることです。このソフトは、買い切りで購入しても定額料金の支払いで使用しても高額です。本業や趣味でPhotoshopを使用していれば問題ありませんが、副業のためだけに購入するのは高い出費をするだけの結果になりかねません。

6.まとめ

Photoshopを使用した画像の加工は、2種類の仕事に分けることができます。

1つめは店舗や商品を撮影した写真であり、2つめは人物を撮影した写真です。Web上に画像を掲載することの多い現在では、常に人々から求められている仕事であるといえます。ある程度の技術が必要となるため、この副業をすることのできる人は限られます。

しかし、その分だけ仕事はあると考えることもできます。仕事を探すことに自身がなくとも、クラウドソーシングのサイトを利用するという手段もあります。PCを使用する仕事のため、時間や場所を選ばずに仕事をすることが可能です。この副業で得た技術は、本業に活かすことができる場合もあります。

技術が高ければ、ネットの通販サイトの経営者や写真館などと契約を結ぶこともできます。その場合には、ある程度の安定した収入を見込むことができます。定期の契約ではない単発の依頼でも、難しい内容や急ぎの仕事の場合には高い報酬を提示されることがあります。

すぐに稼ぐことのできる副業ではありませんが、長期的に見れば本業にも役立てることのできる副業です。しかし、Web上でのやり取りが基本となります。技術が追いつかない仕事を選んだことで、依頼主とのあいだにトラブルが発生しないように気をつける必要があります。また、Photoshopを継続して使用することのできる環境になければ仕事をすることはできません。本業や趣味でPhotoshopを使用している人の場合には、特にお薦めすることのできる副業です。

副業ナビライター(20代 女性)

コメントを残す