現物取引で株式を投資する

副業ナビのライターが実際にやってみた副業の体験談を公開しています。

1.副業の内容

基本的には、各会社の株式チャートを確認し、1単元(100株)単位で希望の株数を投資するという至ってシンプルなものです。この副業はセンスと安定した精神力を必要とするので、誰にでもオススメできるものではないです。ただ、株はギャンブルと思われる方が多くいらっしゃいますが、それは誤っています。正しい投資を理解していれば、少なかれ多かれマイナスになることはまずないと私は思います。

私はギャンブルが嫌いな性格で、8~9割勝てる試合じゃないと基本はやりたくないです。実績として、私の株歴は5年ですが、毎年安定して20~50万ほど稼いでいます。私は現物取引(自分のお金)で取引をしているため、仮に一時的に株価が下がっても基本は塩漬けします。※信用取引はお金を借りて株式投資をするので、追証というリスクがあり私はやりません。巷では、目先の金ほしさに損切りを促すトレーダーや、デイトレードを勧める本は多数存在しますが、現物取引の場合、上がるのが分かっている株を損切りするなんて非常にもったいない行為です。仮に高値で買って株価が下がってしまっても、私の場合は株価が下がっている間もどんどん買い増していって、平均株価を下げます。そのうち株価が上がるので、その時に売却するだけのことです。いたってシンプル。但し、どんな株でもいいわけではありません。上がる可能性がある株には見分け方が確かに存在します。それはノウハウなので、実際のやり方を私がタダで公開することはしません。

しかしながら、株には絶対的な法則というものはないので、経験値から各々でルールを構築できる人には是非株式投資のチャレンジをオススメします。 逆に、自分でしっかり勉強して実践を繰り返すことができない人は、手をつけてはいけない副業ともいえます。

2.副業にかかる時間

1日30分程度。東京証券取引所の営業時間は決まっているので、値動きの激しいころに午前15分、午後15分に確認するくらいですね。仕事の休憩中で十分です。

3.実際にいくら稼げるか

1ヶ月で平均2から3万円くらいかなと思います。過去に1時間で30万上がるようなビックリすることも一度だけありました。月によってバラバラですね。

4.この副業をやって成功?失敗?

私の場合は、成功ですね。まずマイナスで損切りを経験したことが過去に1度もないことです。これは、私が上がると考える株が結果上がらなかったことはこれまでに1度もないことを意味します。 また、株は商売の基本が全て詰まっているので、とても勉強になります。私自身、日々勉強してます。いい材料(株)を買う。安く仕入れる。顧客(私以外のトレーダー)が何を欲しいのかを考える。季節や世論などの外部要因を考える。。など。どんな商売にも通じるものがありますよね。成功には近道はありませんので、すぐにお金が欲しい!という人は、株は絶対にしないほうが良いと思います。

5.この副業のメリット、デメリット

メリットは、株の運用に向いている人にとっては、安定して毎年確実に稼げることがひとつです。また、世の中の動きを大きく意識するようになります。世論がわからない人には株の動きは到底理解できないので。NISAとかも世帯数で枠を増やせるようになりました。沢山の利益が課税されないのも非常にメリットです。

株のデメリットは、これまで考えたことはありません。人によっては、没頭し過ぎてしまうとか?あるのかもしれませんが、少なくとも私にはデメリットはありません。デメリットか分かりませんが、元手が少ないと利幅が少ない、、ということはあるかもしれませんね。

6.まとめ

まとめると、株式投資の現物取引は通常の商いに通じるものがあるので、多くの方々に自信を持ってオススメできる副業のひとつです。ただ、目先のお金欲しさに我慢できず、損切りしたりする投機的欲求の大きな方には、私はオススメできません。狙える利益も時期によって変動が大きいので、短期的な安定収益にはなりません。 ご参考までに、以下の条件に当てはまる人は、是非株式投資の現物取引に挑戦してみてはいかがでしょうか。 

①ある程度の預貯金の蓄えがある。

②株価が下がっても上がるまで待てる心の余裕がある。

③大きな利幅を狙うつもりは全くない。

④株はあくまで副業。

⑤平日の数十分、スマホやパソコンで株の売買ができる。

⑥儲けた利益を再投資できる。

この①から⑥全て当てはまる人は、是非とも現物取引のトレーダーになることを私はオススメします。国も、国民一人ひとりが投資をしやすくなるように、NISAや子供NISA、確定拠出年金制度、ふるさと納税などの課税免除制度を色々と準備してくれています。せっかくのこれらの制度を利用せずに放置するのは非常に勿体ないとは思いませんか。 怪しい株や投資信託を紹介する人は信じずに、まずは自分でしっかりと国の制度や株式投資を勉強して、良い意味でのトライアンドエラーを繰り返すことで、少なからず利益を簡単に得ることができるようになるはずです。もし、株式投資の現物取引を始めたいと思ったら、早速ネット証券口座を開設すべきです。素人の方には、利用しやすいSBI証券や松井証券を私はオススメします。

hiro(30代 男性)
私の本職は、技術系のエンジニアです。

コメントを残す