スナックのカウンターレディ

副業ナビのライターが実際にやってみた副業の体験談を公開しています。

1.副業の内容

カウンター越しの接客がメインの仕事です。カウンターの中にずっといます。

団体客用のボックス席もあるお店でしたが、基本的には隣に座ったりする接客はしませんでした。

お酒やアイス、おつまみを運んだり、カラオケをつけたり、サポートの仕事はありました。

隣に座るように頼まれたときは、ママさんがやんわりと断ってくれたり、代わりに座ってくれました。

カウンターに立った状態で、お酒を作ります。なくなってきたら追加します。

そして、会話を少しでも楽しんでもらえるように話を続けます。

お話をされたいお客様の場合は聞き役に徹します。上手に相槌をうったり、時には気持ちに寄り添います。

また、カラオケがあったので、曲を入れたり、デュエットの希望があれば一緒に歌いました。

1曲数百円でしたが、少しでも売り上げに貢献できるように、お客様の世代に合わせて、歌も覚えて練習していました。

会話がはずめば、ドリンクもごちそうしてくれます。それも売り上げになります。

ソフトドリンクもOKで、お酒を強要されるお店ではありませんでしたが、多少はお酒もお客様と一緒に飲んでいました。ボトルをおろしていただけたら、大きな売り上げにつながります。

自然にカウンターがいっぱいになるぐらいのお客様がいらっしゃる時はいいのですが、お客様が少ない時は常連さんにメールをしたり、電話をかけることもありました。

イベントに合わせて、例えばバレンタインデーにチョコレートを配ったりもしました。

2.副業にかかる時間

1日3時間~4時間ぐらいの出勤で週に1日~2日の出勤ペースでした。

出勤以外もニュースを見たり、話題について行けるように、そんな時間も使っていました。

あとは、身支度にも、それなりの時間がかかりました。

3.実際にいくら稼げるか

知り合いということもあり、他のアルバイトよりは時給が高く1時間2,000円いただいていました。

団体客が取れた場合は1日に10,000円でした。

4.この副業をやって成功?失敗?

他のアルバイトに比べたら、やはり高額な時給が最大の魅力です。

1日で10,000円も稼げるのは有難かったです。

一気に必要な額をためることができました。目標がある人には向いています。

ただ、他のアルバイトの子もいて、週に1日~2日の出勤です。

この仕事だけだと足りないので、お昼の仕事もしながら続けました。

そうすると生活サイクルが崩れて、睡眠時間が減ります。

体力的にきつかったこと、体調を崩しやすくなりました。

特に、深夜まで濃い目の化粧をしなければいけないので肌が荒れたことに困りました。

5.この副業のメリット、デメリット

メリットは、短時間で効率的に大きく稼げることです。

立っているだけなので、体力的には楽な仕事だと思います。

そして、同世代や話が合うお客様との会話は楽しいです。

楽しく、お金が稼げることですね。

出会いもあります。実際にお客様と結婚したアルバイトさんもいました。

ただ、私は仕事と割り切って、誘いや同伴出勤の依頼も断っていました。

デメリットは深夜の仕事で帰りが怖かったです。

あとは、睡眠時間が減って、自律神経が乱れたのか体調不良の日がありました。

また、会社の知り合いが来た時は焦りました。

6.まとめ

ナイトワークに依然は多少偏見を持っていました。

でも、お店によると思いますが、カウンターレディは怪しくないですし、セクハラのような行為も少ないです。

完全にないかと言うと、カウンター越しの時は大丈夫ですが、お見送りで外に出た時に、抱き着いてきたりはありましたね。どこまで我慢できるかですが、それぐらいは大丈夫になりました。

他のナイトワークよりは安全でやりやすい仕事だと思います。

多少の下ネタはお酒の席なのであります。最初は戸惑っていましたが、だんだんと笑って、上手に受け流せるようになりました。

もともと、そんなに男性と話すこと自体、得意な方ではなく、どちらかと言うと人見知りでした。

それが克服できました。聞き上手になったと周りからも言われるようになりました。

会話を楽しんでもらう為に、上手な聞き方、間の取り方が、だんだんとわかってきます。

また、話題のニュースや雑学にも詳しくなりました。

常連さんについてもらえるように、お客様の話題について、あとから勉強していました。

その結果、知識が増えて行ったと思います。

世代別にカラオケで人気のある歌も覚えました。歌も得意な方ではありませんでしたが、少しは上達したと思います。

カウンターのお客様同士が仲良くなって、盛り上がった時は嬉しかったです。

そんな感じで、楽しくできるアルバイトです。

ただ、衣装にお金はかかりました。髪型もですね。自腹です。

そこまでお金をかけなくてもいいのですが、やはり、まわりのバイトに負けたくない思いもありました。

入ってくる額も大きいですが、出ていく額もありますね。

ウィッグをつけたり、化粧の仕方も勉強しました。

自分の内面と外面の両方が磨ける仕事だと思います。

副業ナビライター(40代 女性)

コメントを残す