スナックのガール

副業ナビのライターが実際にやってみた副業の体験談を公開しています。

1.副業の内容

私が以前、本業の会社員をしながら副業をしていた仕事はスナックのガールです。スナックは大体がお酒を飲みに、ホステスさんとの会話を楽しみに来る男性がほとんどです。ガ

ールは男性でいうと、ボーイにあたる仕事です。ホステスさんはミニスカートだったり、胸元が大きく開いているワンピースを着ていますが、ガールの服装は白いワイシャツに黒いパンツ、黒いバンプスでの仕事となります。お客さんから見て、すぐにホステスさんかガールかわかるように衣装は違ったものになっています。仕事内容はホステスさんやお客さんが注文したドリンクを作って出したり、お客さんが帰った後のグラスを片付けて、洗い物をしたりします。主にカウンター内での業務です。

時にはホステスさんが足りない時には、カウンターに座っているお客さんの会話の相手をすることもあります。あとはホステスさんに頼まれたタバコ、お菓子などお店にない物のお使いに行くこともあります。仕事内容は、お客さんとの会話もありますが、やはり相手は男性なので、それなりの会話をしなければなりません。お

客さんはほとんどが酔っ払っているので、当たり前のように下ネタが飛び交います。これをいかに、お客さんに悪い印象を与えずに、会話をするかが難しいところだと感じます。ここでお客さんを怒らせてしまっては、せっかく高い料金を支払ってまでホステスさんに会いに来てくれているので、毎回気をつけながら仕事をしていました。

2.副業にかかる時間

副業を入る日は、本業が次の日休みの時だけです。19時半から夜中の1時半までの勤務で、1日6時間勤務です。

3.実際にいくら稼げるか

私の場合は週に一回程度しか入ることが出来ませんでしたが、時給が1200円と地元にしてははかなか高めでしたので、1ヶ月30000円程稼ぎました。

4.この副業をやって成功?失敗?

このスナックのガールという仕事をして、私は収入が増えたので良かったと思います。本業だけしか働いていなければ、毎月マイナスになっていましたし、貯金をすることも出来なかったと思います。

本業が終わってから、更に6時間も働くのは体力的にとっても厳しいですが、お金のことを考えたら働いて良かったと感じます。あとはこういう夜の仕事の特権だとは思いますが、時給が1200円となかなか高額なところも魅力の一つだと思います。

5.この副業のメリット、デメリット

大体普通のアルバイトなどのシフトを作る時には、最低でも二週間位前に提出しないといけない決まりがあるかと思います。私が勤務しているところは基本は一週間前にシフトを提出する決まりがあります。予定がわからなくて、たまたま三日前にシフトを出したこともありました。こういう予定に応じて、臨機応変に対応してくれる所は非常に助かります。本業の急な残業もラインの連絡さえすれば、勤務時間に遅れても問題ありませんでした。

6.まとめ

私がこのスナックの仕事をしていて思うことは、普段の本業だけではなかなか聞くことが出来ない、会社の社長さんだったり、役員の方だったり、その他年上の方だったりの話を聞けるということです。普段の仕事でプライベートな話題を出すと失礼に思われてしまうようなことでも、スナックだとこの話題は男性からしてみたら嬉しく感じるものです。いつもの生活をしていたらわからない、未知の世界の話を聞くこともあります。こういう本業だけだと自分では気づくことがない、ためになるようなこともあるので、私はこのスナックの仕事をしていて良かったと思います。一番はやはり収入を増やすことではありますが、人と接する仕事なので、コミュニケーション能力も高まります。これが普段の本業にも役に立っていると思います。

夜の仕事というと、どういうことをするのか、怖いといったイメージがあると思います。私も最初はなかなかアルバイトの電話をかける勇気がありませんでした。ですが、一旦電話をかけて面接に行き、アルバイトを始めるとそんなイメージはなくなりました。この仕事をしてみようかな、どうしようかな、やっぱり怖いからやらずに止めようと考えているのであれば、本当にもったいないなと思ってしまいます。私の地元は1200円の時給ですが、その他の地域はもっと時給が高い可能性があります。何事も始める前から心配事するのではなくて、まずやってみるということが大事だと思います。

ダッキー(30代 女性)

コメントを残す