インターネット回線のキャンペーンガール

副業ナビのライターが実際にやってみた副業の体験談を公開しています。

1.副業の内容

インターネット回線の契約促進のためのキャンペーンガールの仕事です。

私の場合は勤務場所は家電量販店やショッピングモールでした。

お店の入り口や、パソコン売り場、インターネットの申し込みの受付カウンターの前に立ち、お客さんに声をかけてインターネット回線の契約の勧誘をします。

衣装は店舗や時期によって違いましたが、ポロシャツにスーツのスカートということもあれば、いかにもキャンペーンガールといったようなかわいらしいワンピースのこともありました。

夏などは浴衣を着ることもありました。

ただ、インターネット回線を提供しているのが大手の通信会社なのでキャンペーンガールといっても極端なミニスカートなどは着ません。

キャンペーンガールの仕事は主にお客さんに足を止めてもらうこと、インターネット回線や加入時に受けられる特典に興味を持ってもらうことです。

なので、インターネット回線の詳細の説明や契約業務は別の常勤スタッフが担当します。

私がキャンペーンガールをしていた時は前月に次の月の出勤希望日を提出して依頼のあったところだけ仕事に行くという感じでした。

お客さんをつかまえるのがうまくなるとお店から指名が来たり、派遣事務所から認められてたくさん仕事をまわしてもらえるようになりました。

土日はお客さんが多いのであっという間に時間が経ちますが、平日の昼間はお店自体が閑散としているのでひたすら立ち続けるだけという日もあります。

基本的には毎回別の店舗の派遣されます。

都心の家電量販店のこともあれば郊外のショッピングセンターということもあり、どこに派遣されるかで交通費や移動時間などが変わってきます。

2.副業にかかる時間

勤務時間は11時~19までで休憩が1時間半、実働は6時間半でした。派遣されるお店によっては郊外のこともあるのでその場合、移動にものすごく時間がかかることもあります。

3.実際にいくら稼げるか

私の場合は日給が8,000円でした。なので時給にすると1,200円ほど。月何日働くかによって稼げる額は変わりますが、私は多い時は週4日の勤務でひと月で13万円ほど稼ぎました。

4.この副業をやって成功?失敗?

成功だったと思います。

まず良かったのは私の登録した会社にはキャンペーンガールには契約獲得のノルマがなかったこと。

契約業務は派遣先の常勤スタッフの仕事なのでキャンペーンガールはとにかくお客さんの足を止めればそれでよしとなります。

たくさんのお客さんと話をしていれば時間はあっという間に過ぎていくし、休日などお店が賑わう日であれば特に苦労せずにきちんと日給がもらえる仕事だったのでとてもありがたかったです。

5.この副業のメリット、デメリット

もちろんデメリットもいくつかあります。

①夏や冬が辛い

キャンペーンガールはお店の中だけでなく店頭に配置されることも多いので夏の暑い日や真冬の寒い日は本当に大変です。

夏は汗ダラダラになりながら、冬はベンチコートを着こんで仕事をする日もありました。

もちろん、さむくても足元はストッキングとパンプスです。

②平日はお客さんがいない

どこの家電量販店もそうですが、平日は本当にお客さんがいません。

話しかける人がいないのでひたすら立ち尽くして1日終わる日もあります。

誰とも離せず経っているだけだと時間が経つのがものすごく遅くて苦痛です。

③お店の中でお客さんに声をかけてまわることもある。

店舗によるのですが、中には店内にいるお客さんに次々と声をかけて勧誘しないといけないお店もありました。

パソコン売り場ならさておき、インターネット回線と関係ない家電売り場などで買い物をしているお客さんに突然声をかけるのは緊張しました。

6.まとめ

全体としてみれば1日で高額をきっちり稼げるのでお金を稼ぎたい人にはおすすめの仕事です。

一日パンプスでの立ち仕事で、店頭など天気や季節の影響を受けるところでの勤務になるので体力はあったほうがいいです。

やっぱり人と話すことが得意な人のが向いています。

次々とお客さんに話しかけなければいけないし、時には店頭でマイクを使って呼び込みをすることもあるので、人前で話すことに抵抗のない人のほうが重宝されます。

契約につながるお客さんを誘導できればお店のスタッフからもありがたがられるし事務所からも目をかけてもらえるので安定して仕事をもらえるようになります。

最初のうちはなかなか思うようにシフトに入れないこともありましたが、しっかりと働いていればだんだんとシフトに入れる日が増えてきますよ。

一方で、人と話すのが苦手な人や大きな声を出すのが苦手な人、人見知りをする人にはひたすら苦痛な仕事だと思います。

人前で笑顔になれない、初めての人に話しかけられないとなると仕事にならないし、契約業務をする常勤スタッフから指摘を受けたりします。

あまりにも元気がないと時には派遣された量販店からクレームをもらっている人もいました。

日給が良いからやっていよう、という人も多いのですが、内向的な人や人前で緊張してしまう人は長く続かない印象があります。

ただ、そういう人でもお客さんと話すうちにコミュニケーション能力が上がってどんどん仕事をまわしてもらえるようになっていく人もいましたよ。

体力がある、人と話すのが得意、しっかり稼ぎたいという人には良い副業だと思います。

もも(30代 女性)

コメントを残す