野球やサッカー公式戦の警備スタッフ

副業ナビのライターが実際にやってみた副業の体験談を公開しています。

1.副業の内容

プロの野球やサッカーの試合の警備スタッフとして現場で警備を担当する仕事です。

この副業というのは、日雇いで土日にたくさんのスタッフを募集していることが多いです。

中には、学生の子や女性の方もいるので、私たちがイメージするような海外の警備とは少し違い、爆弾テロなどが起こることはほとんどないとは思うので、お客様の誘導や試合に見にきたお客様が困らないように、快適に試合を楽しんでもらうお手伝いをするという仕事です。

主に警備の仕事は主に、試合中と前後で2つの役割に分かれます。

試合中は、もちろん、警備ということで、立ち入り禁止のエリアに立ってお客様を誘導したり、敵チームや間違った入り口に入らないようにお客様をご案内します。それ以外は、見える範囲でしたら、試合を見ながらでも大丈夫です。稀に、お客さんが立ち入れないグラウンドに降り立って警備をすることもありました。

もう一つが、試合が始まる前後の仕事です。基本的にこの警備のアルバイトは日雇いで朝かお昼から試合終了まで働くのが一般的です。

試合前には、出勤したら、ちょっとしたカラーコーンや立ち入り禁止の張り紙などの貼り付けなど細々とした設営をしていきます。時には、応援団の方の旗を立てるのを手伝ったりもしました。

試合が終わると、設営したカラーコーンや張り紙を取り除き、設営本部の後片付けを行います。他にも、会場の清掃なども分担して行います。このように、設営を兼ねるのが、この警備スタッフのお仕事となります。

2.副業にかかる時間

1日、8時間ほどで、休憩やお昼ご飯も支給されます。時間帯は、試合時間によって左右されるので早い時も遅い時もありました。

3.実際にいくら稼げるか

その場で、すぐに封筒に入ったお金をもらえる仕組みでした。1日に7500円から8500円ほどです。これは、警備の勤務時間の長さによって変わります。野球の場合は少し高かった気がします。

4.この副業をやって成功?失敗?

この副業は、日雇いで強制力もないのでとても自由度が高く副業としては、とても成功でした。

個人的には、その日にお金を頂けるので、目に見える形で成果も出るので成功だと思います。また、仕事内容も頭を使う本業をしている方からすればそこまで使うことはないので疲れることも少なくて、とてもオススメです。また、日雇いの方がほとんどなので、意識も程よい感じで周りにヤジを入れられることもなく、わいわいやっているので副業としては成功だと思います。

5.この副業のメリット、デメリット

メリットは、プロの試合を見ることができるということです。スポーツ好きの方は必見なのですが、この警備の仕事というのは場所によっては、試合を生で観戦できますし、なんなら、より近いところで選手を見ることもできます!とは言っても、場所が悪いと、歓声が聞こえるだけなので要注意です。

デメリットとしては、試合中は立ち続ける仕事なので、身体的疲労になるということです。さらには、屋外でとても寒かったり、暑かったりします。普段体を動かしている仕事をしている方は、さらに疲れることになるので、あまりお勧めできません。この疲れが大きなデメリットですね。

6.まとめ

スポーツの試合の警備スタッフということなのですが、海外のようなボディガードや警察官のような警備ではなく、誘導スタッフに近いお仕事です。

そのため、女性などにも十分お勧めできますし、実際に働いているスタッフもいました。

はじめの頃は、友人と一緒に申し込むことができていて、仕事が休みの日に一緒に会場に行って、同じ場所を警備することもあって、お昼ご飯もしっかりと当たりますし、休憩もあるので、本当に働いている感覚がなくなるくらい楽しい雰囲気でした。

ただ、警備中は、お客様に挨拶をしたり立ち続けないといけないので、それだけが苦痛ですね。個人的には、スポーツの試合や雰囲気を無料で味わうことができるのがとても大きなメリットだと思います。スポーツ好きの方には、スポーツも見ながら、お金ももらえるというとても良い副業だと思います。

スポーツ観戦なので、お客さんが暴動することも稀に起こるそうですが、私自身まだ遭遇したことはありません。関西の試合会場では多いと聞いたこともあるのですが、日雇いではない正社員のスタッフもいるので、その方に助けを求めれば大丈夫だと思います。

メールで案内がきたら、自分が空いている日に自由に応募して、参加するタイプの副業なので、自由で続けやすいと思います。また、特に求められる能力もないですし、簡単な設営と試合中に立ち続けるという内容なので、男女問わず副業の入門としてお勧めです。

ぜひ、気になった方は、一度探して応募してはいかがでしょうか?

たかび(20代 男性)

コメントを残す