家庭教師

副業ナビのライターが実際にやってみた副業の体験談を公開しています。

1.副業の内容

普段は会社員として働いているのですが、週に3回、一対一で家庭教師として、5年生に英語を教えています。小学校でも英語が必修となったことを受けて、ご両親が英語を教えてくれる家庭教師を探している、とお聞きしてこの副業を始めました。詳しい仕事内容は、授業の計画、対面式での指導、宿題の準備と答え合わせ、それから進行状況や理解度をご両親と共有すること、など様々です。私が一番大切にしているのは授業の計画と実際の指導です。授業の計画をする際には、生徒さんが今の段階で何を理解していて、次のステップに進むには何を教えてあげたらいいか、について考えます。例えば、数字、1,2,3を英語で言えるようになったら、次は one、 two、 three の綴りの練習をすることも。生徒さんの好きな事や興味があることを考慮して、楽しい授業が出来るように工夫しています。

それから、実際の授業ですが、せっかく一対一で教えてあげられるので、一緒に楽しみながら教えることが大切だと思います。間違えばかりを指摘してしまうと、子どもたちもやる気をなくしてしまったり、間違えを恐れて質問に答えてくれなくなってしまったりすることがあります。そのため、間違えてしまった時でも「気持ちは分かる!」や「惜しい!」と声かけをしてあげます。その後は自分で正しい答えが出せるようにヒントを出してあげて、正解出来たら褒めてあげるなど、大人の何気ない一言で傷つけてしまうことが無いように気配りをするのも、大切な仕事の一環だと思います。

2.副業にかかる時間

1日に1時間の授業をしています。夏休み期間は週に3回の授業をする予定です。実際の授業は1回1時間ですが、授業の計画や準備をするために必要な時間は毎回、約30分から1時間はかかります。

3.実際にいくら稼げるか

私の場合は、一回の授業を2000円で行っています。週3回授業をすると2000円×3回=6000。月に24000円の収入になります。

4.この副業をやって成功?失敗?

月に24000円の収入、と聞くと金額はあまり大きくない印象を受けますが、私はこの副業は成功だと思っています。確かに沢山のお金を稼ぐことは難しいですが、このお仕事は所詮副業。本業とのお給料と合わせると、それなりの収入になるので、金額に不満はありません。

私はもともと、学校の英語の先生になりたかったのですが、教育実習で教育現場の現実を目の当たりにして諦めてしまいました。それでも大好きな英語を子どもに教える、という夢が諦められず、現在は一般企業で働きながら空いた時間に家庭教師として英語を教えることで満足しています。

5.この副業のメリット、デメリット

この副業のメリットは、生徒の成長を間近で見られる、という所です。一対一での授業なので、他の生徒に邪魔されることなく、しっかりと教えてあげることができます。そのため、担当する生徒の成長は、生徒と私、二人で頑張った証。前知らなかった英単語を覚えた姿を見ると

感動する同時に大きなやりがいを感じます。

メリットは時給2000円と聞けば、高い気もしますが、実際には一週間に3時間しかこの副業はしていないので、他の長時間のバイトのお給料と比べるとやや少なめです。

6.まとめ

家庭教師の副業はとてもやりがいが感じられる仕事です。仕事の内容は、授業の計画、実際の指導、宿題の準備と答え合わせ、理解度や授業の進行状況を保護者と共有する、などが含まれます。私自身が一番大切にしているのは、授業の計画と実際の指導です。授業の構成を考えるときには、生徒さんの現在のレベルや次のステップに進むにはどういう授業が必要か、などを考慮しています。また、つまらない授業をしてしまわないように生徒さんの興味や知りたいことなどを授業に入れ込むこともあります。実際の指導中には、何気ない一言で傷つけてしまったり、やる気をなくさせてしまうことがないように、褒めながら教えることを心がけています。家庭教師は一対一での指導が一般的なので、生徒の成長は先生として頑張った私の成長でもあります。先週分からなかった英単語が今週読めるようになった、など生徒の成長を見るととても嬉しく、これからのやりがいにも繋がります。

確かに、1回1時間の授業は2000円というと、時給2000円と高く聞こえてしまいますが、家庭教師は一回に何時間も出来るわけでもなく一週間に授業は3回だけなので、お給料面では他のバイトや副業に比べると少ないかもしれません。しかし、一対一での指導なら学校の先生として働くのとは大きく違い、学級崩壊の心配をする必要も、大勢のモンスターペアレンツの対応をする必要もありません。私のように学校の先生になることを諦めたけど、先生になることを諦めきれない、といった人にはお勧めです。

ルーディー(20代 女性)
こんにちは。ルーディーです。国際結婚をして、アメリカ人の夫と日本で暮らしています。普段は、教育系の会社に勤めていますが、お給料が少ない事もあり、週末には家庭教師の副業をしています。

コメントを残す