外国人向け日本語教師

副業ナビのライターが実際にやってみた副業の体験談を公開しています。

1.副業の内容

日本語を学びたいという外国人(アメリカ人)に対して、日本語の使い方、話し方などについて教えていました。彼女は日本語のクラスを受講していたようなのですが、そのクラスは大きくて、個々の質問に対してはあまり応対してくれなかったようで、そのクラスとは別に日本語を勉強したいとの思いを持っていました。そんな中、あるきっかけで私と話すようになって、日本語を教えて欲しいと言われて、教えるようになりました。

通常は、彼女の家に行って、リビングルームのテーブルを使って、日本語のプライベートレッスンをしました。彼女がクラスで習ったことに対しての質問がある時には、それに対して説明しましたし、それに関連のある言葉や文法などを教えました。彼女からの質問が無い場合もありますし、彼女からの質問への説明等だけでは時間が余ってしまいますので、それとは別にその日に教えることを考えて、必要であればプリントを作って、それを使って教えました。

説明と会話は基本的には英語でした。ただ何度も使ってきた日本語の単語はあえて会話の中に入れて、その日本語の単語になれてもらうようにしました。

通常、そのプライベートレッスンは1回につき、1時間でしたが、そのレッスンが終わってから、彼女がお茶などを出してくれるので、二人でお茶をしながら、色んな話をすることもありました。

また、たまには外で会うこともありました。一緒にショッピングをしたり、外食をしながら、その時々で必要な日本語を教えていました。

2.副業にかかる時間

レッスン自体は1回につき、1時間でしたが、その後に一緒にお茶を飲みながら色んな話をすることもありましたし、たまにレッスンを長くしたこともあります。

3.実際にいくら稼げるか

1回(1時間)につき、1000円、それを毎週一回やっていました。そしてそれを1年以上、続けましたので、全部で5万円以上は稼いだと思います。

4.この副業をやって成功?失敗?

この副業(外国人へ日本語のレッスン)をやって成功だったと思います。私が日本語を教えて行くにつれて、その外国人の日本語のレベルが上がって行くのを見ることが出来て、とても嬉しかったですし、やりがいもありました。またその外国人から日本語のことだけではなく、日本の文化や習慣などについても質問されたことにより、もっと日本人として日本のことを知らなければならないと思って、色んなことを学ぶ良い機会になりました。そして楽しむことが出来て良かったです。

5.この副業のメリット、デメリット

この副業(外国人へ日本語を教えること)のメリットは、日本語と日本の文化や習慣についての知識が増えたことです。また、いつも使っている日本語ですが、外国人へ教えるとなると、改めて日本語の文法やルールが複雑で難しいことに気づくことが出来て、良い勉強になりました。毎週週末のほぼ決まった時間にレッスンをしていましたが、そのスケジュールはお互いの都合によって変更することもありましたし、自由に時間を設定することが出来たのもメリットの一つです。デメリットは特に思いつきません。

6.まとめ

この副業(外国人へ日本語を教えること)はとても面白くて楽しい副業だと思います。日常で使っている日本語ですが、それを外国人に教えるとなると、なかなか難しい部分もありますが、自分の母国語を外国人に知ってもらうのは嬉しいものです。

また日本語を教えることによって、改めて日本語の文法やルールを深く知る良い機会にもなります。そして日々の暮らしの中でレッスンをする時に使える話を思いつくこともありますから、日々の暮らしが楽しくなります。

それに外国人にとっては不思議な日本の習慣や文化などについての質問を受けることによって、改めて日本の習慣や文化を学ぶ良い機会にもなります。

また1時間のプライベートレッスンの後に、この生徒(生徒)とお茶をしながら話をすることも多くて、その会話の中で逆に英語を学ぶことが出来たり、アメリカのことを知る良い機会にもなりました。

プライベートレッスンは自分と相手の生徒のスケジュールに合わせて日程を調整することが出来ますので、やりやすい副業だと思います。それから一回のレッスンごと、レッスン料を受け取ることが出来ますので、こまめにお金を稼ぐことが出来るのも良い点です。

基本的に英語を使って教えていましたので、英語力がないとちょっと難しい副業だとは思いますが、なかには日本語をある程度、話せる外国人がその日本語を上達させたくて、日本語のプライベートレッスンを受けたい人もいるようですから、ゆっくり話したり、簡単な日本語を使うことによって、教えることも出来ると思います。

副業ナビライター(40代 女性)

コメントを残す