在宅添削採点スタッフ

副業ナビのライターが実際にやってみた副業の体験談を公開しています。

1.副業の内容

私がしていた中高生向け通信教育講座の添削採点スタッフの仕事は、自宅のPCで送られてきた答案に○×やコメントを入れるというものです。この仕事を選んだ理由は、以下の3つです。

・完全に在宅でできること

・ひと月あたりの量を指定できること

・他の内職よりも割がいいこと

いざ始めようと思ったとき、普通のお仕事なら面接を受けに行き、研修を受けに行き、…ということが必要ですが、この仕事は試験や研修もすべて在宅でできるようになっています。ちなみに、試験は教科の知識を問うものでした。

研修を終えたらいざ本物の答案を採点していくのですが、基本的には会社が用意してくれた基準に沿って進めていくので、迷うことはほとんどありません。昔は手書きでコメントをしていましたが、今はPC上で入力や貼り付けをするのがメイン。採点をやりたいけど字が下手だから不安を感じているという人でも安心です。

生徒が想定外のことを書いてきたりひたときは、特別に対応しなければなりません。自分で判断できることならそれでもよいですし、判断が難しければ会社のスタッフさんに問い合わせて判断を仰ぐこともできます。ただの単純作業ではないので、やっていく中で知識を身につけられるのもいいですよね。

私は本業の傍らこのお仕事をしていますが、期限については少しシビアだなと感じます。大体3日から4日くらいで仕上げなければいけないので、平日の仕事が忙しくなる時期は、やはり少し大変ですね。

2.副業にかかる時間

最初は1枚見るのに1時間くらいかかっていました。時給換算するとまったく割のいいものではなかったです。慣れてきてからはその半分くらいの時間で見られるようになりました。

3.実際にいくら稼げるか

本職のかたわらやっているので、あまり時間はとれず2万程度です。50~100枚ほど見てこのお給料なので、時給としては1000円には届きません。

4.この副業をやって成功?失敗?

成功です。在宅の仕事はスキルや知識がないと単純作業で給料もよくないものが多く、躊躇っていました。添削採点は会社側が明確な基準を示してくれるので、教育関係の仕事経験がなくてもこれまで学校で勉強してきたことを思い出しながら進めることができます。その中で自分自身も知識を身につけていくことができるのもメリットのひとつです。また、子どもたちの答案に直に触れることで成長を感じられるといったところはまさに教育関係の仕事をする醍醐味ではないでしょうか。

5.この副業のメリット、デメリット

メリットは、知識が身につくことや、子どもたちの成長を見守っていくことができやりがいがあるというところです。会社や職種によっては、ひとりの生徒をいろいろな先生で見るということもあるようですが、その場合は教科の知識がより深まるのではないかと思います。

また、給与の面でも、在宅であまりスキルを必要としない他のお仕事に比べると、かなり割はいいほうだと思います。ただし、デメリットとして、慣れるまでは1枚に時間がかかるので、最初はその割のよさを感じることができないだろうということが挙げられます。

6.まとめ

ここまでお話してきたように,添削採点スタッフのメリットは

・試験から研修、実際の業務まで完全に在宅でできる

・ひと月の量を指定できる(会社や職種にもよります)

・慣れると割はいいほう

・子どもたちの成長を見守っていける

一方、デメリットは

・期限が短く、時間があまりとれないときは大変

・慣れるまでは割のよさを実感できない

といったところでしょうか。

お給料については、最初は時給換算でかなり低くなってしまいショックを受ける方もいらっしゃるかもしれません。でも、そこで諦めないで続けることが大切です。教材の内容というのは、毎年更新されていくものではないので、1つの学年で12ヶ月分、つまり12パターンを頭の中に入れてしまえば、作業はかなり効率的になります。1枚あたりいくら、という給与体系なので、同じ時間かけても数をこなせばこなすほど当たり前ですが時給は高くなります。

しかし、教育系のお仕事を考えておられる方の中に、お給料だけで決める方はあまりいないのではないかと思います。子どもからのメッセージを読んだり、答案のなかに成長が読みとれたりすることは、他のお仕事では味わうことのできないやりがいです。やりがいを求めて副業を探しておられる方々には是非おすすめしたいお仕事です。

PCのみを使った採点や、本社スタッフの方のサポートがあるので、字が上手じゃないとか、勉強が得意ではないといった理由で諦めていた方でも大丈夫です!一緒に、子どもたちの成長を見守るお仕事をしませんか?

副業ナビライター(20代 女性)

コメントを残す